第26回定期演奏会 新実徳英先生をお迎えして

 第1ステージ

世界でもっとも有名なこどものための歌
「サウンド・オブ・ミュージック」
 合唱団「空」音楽監督の湯山昭先生は「ボクの一番好きなミュージカルはサウンド・オヴ・ミュージックです」と言われました。「空」のメンバーも同じです。
 1965年に公開されたミュージカル映画を全員が観て、それぞれのイメージを膨らませました。「ドレミの歌」「エーデルワイス」は教科書でもおなじみです。
 

第2ステージ

ニイミワールドをたっぷりと!
女声合唱組曲「ことばあそびうた」
 小学校の図書室でもときどき見かける絵本詩集「ことばあそびうた」(福音館書店刊)。この詩集を見つけた新実先生は「あまりの嬉しさにまさに飛びつくといった感じ」だったそうです。そして生まれた「やんま」「だって」「いるか」「かぞえうた」の4曲は作曲家・新実徳英の名前を日本中に轟かせたデビュー作となりました。
 

第3・4ステージ

「白いうた青いうた」全53曲を歌おう! 第2弾
女声合唱とピアノのための「南海譜」
女声合唱とピアノのための「火の山の子守歌」
 谷川雁・新実徳英のコンビで生まれた、いわば「平成の唱歌」。老若男女あら
ゆる年齢層の人が楽しんで歌える53曲です。この53曲を作曲者・新実徳英先生ご自身の指揮で全部歌おうという、3年計画の第2弾です。今回選んだ曲集は「南海譜」8曲と「火の山の子守歌」8曲。そのテーマは「友情」「愛」「命」「平和」など多岐にわたりますが、いずれも美しいメロディーが魅力です。

指揮 新実徳英
嶋田浩文
ピアノ 内匠 慧
 
■期日 2022年10月23日(日)
■時間 13:30開演(13:00開場)
■会場 アートピアホール
 (名古屋市青少年文化センター)
■対象 小学生以上
 (未就学児はご遠慮ください)
■入場 一般の方1,000円(全席自由)
 
新実 徳英(にいみ・とくひで)

 第89回(2022年度)NHK全国学校音楽コンクール:小学校の部課題曲「とどいてますか」(詞・谷川俊太郎)の作曲者
 
新型コロナウィルス感染症対策について
この催しは、愛知県及び内閣官房新型コロナウィルス感染症対策推進室策定のイベント開催等におけるガイドラインに準拠します。爆発的な感染の拡がりなどによって開催が危険と判断した場合は、開催を延期(または中止)し、その情報は「空」ホームページに掲載します。

 
 

第61回愛知県合唱連盟合唱祭

3年ぶりの合唱祭は最終演者、
ステージ上で全体合唱♪

 

 
 コロナによって2020年、2021年と開催が中止となった愛知県合唱連盟合唱祭。ワクチン接種が進み感染予防対策も浸透してきたことから、今年は演奏者以外は会場には入れないという「準無観客」ではありましたが開催されました。「空」の出演は6月11日(土)の午後からのステージ。午前中、いつものようにフェールマミで練習をしたのち、引率のお母さん、お目付け役の高校生・OBが安全に配慮しながら子どもたちを引き連れて電車で稲沢市民会館へ。ちびっこたちにしてみたらちょっとした遠足気分ですね。
 開演に先立ち、連続出場の表彰があり、「空」は25年連続の表彰を受けました。
 今年の演奏順はトリ。そのトリの指揮者が全体合唱の指導をするということになっているとのことで、嶋田先生が例によって(?)息をゼイゼイさせながら指導されてました。
 出番を待つ間、愛知県の同じ合唱を愛する皆さんの歌声を聞いて、子どもたちはいろんなことを感じていたことと思います。
 それにしても東海メールクワィアーさんの演奏は、さすが!の一語に尽きますね。第一声めの一瞬で会場の空気が変わり、全観客の目と耳がステージにくぎ付けとなりました。「空」も、この東海メールさんのように、「この音、もっと聞きたい!」と思われるような声を届けられるようになりたいですね。
 「空」は、「サウンド・オブ・ミュージック」を披露しました。ハミング完璧!クリアな音、「爽やかな山の夜明け」そのもののような澄みわたった声が会場を満たしました。ただ、嶋田先生がソラノートで指摘されてるように、会場の後ろまで届く「厚み」がもう少しあるとよかったかな、とは筆者の勝手な感想です。でも、それはあの東海メールクワィアーさんの究極に素晴らしい演奏の後だったから、という点を考慮しなければかわいそうですね。耳をリセットしての評価ということならば、クリアで素晴らしい「音楽の調べ」であったことは間違いありません。
 10月の本番、この音がどこまでブラッシュアップしているか、非常に楽しみです。
 最後の全体合唱「音楽の木」は、ステージに残って会場にいる全員が嶋田先生の指揮で合唱しました。いつも感じることですが、この全体合唱、合唱を愛する会場のすべての人が歌う壮大なスケール感、いいですねー。合唱祭やコンクールの醍醐味のひとつです。嶋田先生、お疲れさまでした。
 
こちらからご視聴いただけます(YouTube)
 
 


 

湯山先生の「自作自演集」CDが
中日新聞で紹介されました!

現在好評発売中!

 
 湯山先生の珠玉の自作自演集CDのリリースが、中日新聞に掲載されました!4段にわたるなかなか大きなスペースで、嶋田先生が自慢げにCD集を紹介する写真とともに、2018年の定期演奏会リハーサルの様子の写真が掲載されています。
「湯山先生は『自分が歌ったらこうなる』という音楽を、子どもたちの声を借りて表現してきた。せっかくの音源を、埋もれさせるのはもったいない。ぜひ多くの人に聴いてほしい」と呼び掛ける。(一部抜粋) 
 

浜田先生ラストステージ
12年間ありがとうございました

第24回定期演奏会
歌い切りました!

第24会定期演奏会
メモリアルリハーサル

 
 
 

 「空」(そら)は、学校5日制の趣旨を生かして「子供たちの個性を伸ばし、普段の生活からは得られない感動やより質の高い音楽体験を共有する場を…」との願いから組織された、名古屋で活動する少年少女のための合唱団です。「音楽が好き、歌が大好き」という共通の気持ちを持つ子に、音楽を愛好する心を養うとともに、努力と成果の関連性を練習や発表会などの実体験の中から感じ取り、社会に生きるひとりの人間としての成長を目指しています。
 毎週土曜日、名古屋市中区・金山駅近くのホールやスタジオで練習しています。年に一回の定期演奏会のほか、老人ホーム慰問などのボランティア活動、地域の音楽活動などに参加しています。

 作曲者ご自身の指揮で
コンサートを

「空」は、もしかすると日本で一番ぜいたくで幸せな少年少女合唱団なのかもしれません。
どうしてか? それは、「ベートーヴェンに『エリーゼのために』の弾き方を教えてもらおう」というコアコンセプトにあります。つまり演奏会の指揮は、歌う曲の作曲者ご本人にしていただいているということ。
第1回の大中恩先生は「さっちゃん」や「おなかがへるうた」の作曲者、最新の湯山昭先生は「あめふりくまのこ」や「おはなしゆびさん」の作曲者です。
作曲者が曲に込めた思いを、贅沢にもご本人からご教示いただき、レッスンを受け、そして演奏会では指揮をしていただく、歌い手としてこれほどぜいたくで幸せなことはありません。

1997年 第1回 大中恩先生 2010年 第14回 新実徳英先生
1998年 第2回 湯山昭先生 2011年 第15回 湯山昭先生
1999年 第3回 池辺晋一郎先生 2012年 第16回 池辺晋一郎先生
2000年 第4回 大中恩先生 2013年 第17回 湯山昭先生
2001年 第5回 松原千振先生 2014年 第18回 湯山昭先生
2002年 第6回 湯山昭先生 2015年 第19回 湯山昭先生
2003年 第7回 青島広志先生 2016年 第20回 湯山昭先生
2004年 第8回 大中恩先生 2017年 第21回 湯山昭先生
2005年 第9回 新実徳英先生 2018年 第22回 湯山昭先生
2006年 第10回 池辺晋一郎先生 2019年 第23回 湯山昭先生 ※
2007年 第11回 湯山昭先生 2020年
(2021年)
第24回 湯山昭先生 ※
2008年 第12回 中田幸子先生 2021年
(2022年)
第25回 新実徳英先生
2009年 第13回 湯山昭先生 2022年 第26回 新実徳英先生(予定)
※ 体調不良につき嶋田先生が代理指揮

 作曲者ご自身の指揮で
コンサートを

「空」は、もしかすると日本で一番ぜいたくで幸せな少年少女合唱団なのかもしれません。
どうしてか? それは、「ベートーヴェンに『エリーゼのために』の弾き方を教えてもらおう」というコアコンセプトにあります。つまり演奏会の指揮は、歌う曲の作曲者ご本人にしていただいているということ。
第1回の大中恩先生は「さっちゃん」や「おなかがへるうた」の作曲者、最新の湯山昭先生は「あめふりくまのこ」や「おはなしゆびさん」の作曲者です。
作曲者が曲に込めた思いを、贅沢にもご本人からご教示いただき、レッスンを受け、そして演奏会では指揮をしていただく、歌い手としてこれほどぜいたくで幸せなことはありません。

 

1997年 第1回 大中恩先生
1998年 第2回 湯山昭先生
1999年 第3回 池辺晋一郎先生
2000年 第4回 大中恩先生
2001年 第5回 松原千振先生
2002年 第6回 湯山昭先生
2003年 第7回 青島広志先生
2004年 第8回 大中恩先生
2005年 第9回 新実徳英先生
2006年 第10回 池辺晋一郎先生
2007年 第11回 湯山昭先生
2008年 第12回 中田幸子先生
2009年 第13回 湯山昭先生
2010年 第14回 新実徳英先生
2011年 第15回 湯山昭先生
2012年 第16回 池辺晋一郎先生
2013年 第17回 湯山昭先生
2014年 第18回 湯山昭先生
2015年 第19回 湯山昭先生
2016年 第20回 湯山昭先生
2017年 第21回 湯山昭先生
2018年 第22回 湯山昭先生
2019年 第23回 湯山昭先生 ※
2020年(2021年) 第24回 湯山昭先生 ※
2021年(2022年) 第25回 新実徳英先生
2022年 第26回 新実徳英先生(予定)

※ 体調不良につき嶋田先生が代理指揮

 

お世話になっている先生方・ご協力いただいている関係者様のWEBサイト

これまでに「空」をご指導・指揮をしていただいた作曲家の先生方、演奏会に賛助出演・ご協力をいただいた皆様の公式WEBサイトをご紹介します。

湯山昭先生 公式サイト

爆クラ(湯山先生・玲子さん)

大中恩先生(故人) 公式サイト

新実徳英先生 公式サイト

青島広志先生 公式サイト

東海メールクワィアー(賛助出演)

 

フェールMAMI(練習場)

 

音楽プラザ(練習場)

 

カワイ出版(楽譜)

全音楽譜出版社(楽譜)

全日本合唱連盟

愛知県合唱連盟